記事の編集ページから「お薦め記事」を5つほど選択してください。

内職はながら作業を

内職はながら作業を内職とは、自宅で行う手作業の事です。
内職の歴史は古く、江戸時代には、貧乏な武士が生活のために、カサを貼るなどの内職をしていたと言われています。
現在でも封筒を折ったり、シールを貼ったりなど、単純作業の内職の仕事は存在します。

ただし、内職の場合、まず大量の荷物が届くため、作業をするスペースを確保する必要があります。
また商品を汚してはいけないので、ペットや小さな子供がいないという条件がついているところもあります。
また荷物を運ぶ事を考慮して、1階に住んでいる人だけ、地域制限がある内職も存在します。

そのため条件に合う内職を探すのがなかなか大変かもしれません。
加えて、内職はとにかく単価が安いという事を覚悟しておかなければいけません。
出来高制で、1個0.1銭なんて単価しか発生しません。
1間作業をしても300円程度にしかならない事も珍しくありません。
なので、月額で稼げる金額はお小遣い程度と思っておきましょう。
単価が高い内職を狙うのなら、内職の内容は途端に難しくなります。
例えば剣道の防具を縫うなんて内職もありますが、なかなか素人がするには難しいですよね。

もし、生活費のために副業が必要なのだとしたら、内職よりは在宅ワークの仕事を選び方が単価が高く稼ぐ事ができると言えるでしょう。

内職は、単純作業で、手が覚えてくれるので、TVを見ながらとか、ラジオを聞きながらとか、流れ作業でコツコツとするぐらいが丁度いいのかもしれません。スピードアップを狙って必死でやっても、疲れてしまい、今後は時間が長く出来なくなってしまいます。

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし